楽天バーチャルプリペイドカードでau WALLET(auウォレット) にチャージしてみた

初めに

昨年11月にau WALLETを契約し、いろいろ利用してみましたが、最近はカードの残高も少なくなり、チャージに対する割のいいキャンペーンもないのでしばらく利用していませんでした。
ところが、楽天のバーチャルプリペイドカードという商品のキャンペーンが行われ、これがau WALLETのチャージに使えるのではないかと考えたところ、そのような事例もあり、またauと楽天に問い合わせても特にだめだという話も無かったので実際に試してみたところ特に問題もなくチャージが完了しました。
あとは、実際にWALLETを使って利用時の10%のポイントを狙うのみとなりました。
現在、WALLETの利用に関してはプリペイドの方は10%、クレジットの方は11%のポイントが付きます。
一方、楽天のキャンペーンの方はポイントが2倍(といっても1%が2%になり、100ポイントくれるだけのことなのであまり大したことはありません。
でも、このようなチャージ手段もあることが確認できたので、きっと他の利用方法もあるだろうと考えています。

購入およびメリット

バーチャルプリペイドカードは楽天のサイトから購入の申し込みを行い、利用することができますが、これを使ってよかったことは、まずポイントがついたということが挙げられます。

さらに、楽天カードでau WALLETに直接チャージを行なおうとするとき、利用できるカードのブランドが決まっており、VISAかMasterCardでなくてはなりません。

また、MasterCardのブランドの場合にはクレジットカードの発行元がどこであってもすべてのクレジットカードがチャージに使えますが、VISAブランドの場合にはau WALLETクレジットカード、セゾンカード、UCカードに制限されています。

しかし、私の楽天カードのブランドはJCBブランドであり、au WALLETではサポートがされていませんので直接チャージを行うことができません。

JCBブランドの楽天カードはnanacoのチャージにも使えるのでそれなりにメリットはあるのですが、ことau WALLETのチャージに関してはそのままでは使えません。

それで、途中にワンステップをかまして、楽天のバーチャルプリペイドカードを経由してau WALLETにチャージをするという手段をとるとチャージが可能になります。

つまり、楽天バーチャルプリペイドカードのブランドは、MasterCardであり、au WALLETにチャージができるブランドとなるわけです。

これはポイント獲得ができるという以前に、楽天カードの利用範囲を拡大するのに便利な機能で、大きなメリットです。

利用するうえでの注意点

注意点として、バーチャルプリペイドカードの購入をしたときに、意識して指定やチェックなどを何もしないとカードの番号やセキュリティーコードが画面上には表示されません。

カード情報の画面を他人に見られたときに、カード番号やセキュリティーコードを盗み見されないようにするための配慮だと思いますが、これらを設定したり確認をしておかないと後でバーチャルプリペイドカードが利用できません。

カードの番号をチェックするためには、プリペイドカードの画像のカード番号やセキュリティーコードのフィールドの上にマウスカーソルを持って行くと番号が表示されます。

これらの情報は手元に書き留めておかないとクレジット決済ができませんのでお忘れのないようにしてください。

認証のパスワードは通常のクレジットカードで入力するものと同じようなものです。

これも設定したら忘れないようにメモしておいてください。

カードの登録が終わっても、認証を行っていなければau WALLETのチャージには使えませんので、必ず認証を行ってください。

認証は画面のカードの画像の右のあたりに設定するためのリンクがありますので、これをクリックすると設定画面が表示されます。

それから、カードの有効期限は購入月から12カ月で、残高の払戻しはできません。

有効期限を過ぎると残高が残っていても楽天バーチャルプリペイドカードのご利用はできなくなります。

このような場合、新しく楽天バーチャルプリペイドカードをご購入になり、、有効期限間近のカードの残高を新しいカードへ合算すると、新しいカードの有効期限到来までご利用になれます。

(2015年7月3日追記)

昨日、検索キーワードでauウォレット 楽天バーチャル 使えない とか、 楽天バーチャルプリペイドカード auウォレット チャージ不可 というのが入ってきたので、機能確認のため自分でも試してみました。

試しに1000円でau WALLETにチャージしようとしたら3000円以上でないとチャージできなくて、追加のバーチャルプリペイドカードを3000円購入(2000円というのがなかった)し、1000円のカードを新しいカードに移行して結局4000円のカードになってしまいました。

それで、auのサイトへ行ってチャージをしようとするとこのカードは使えませんというエラーメッセージが出ます。

この機能は使えなくなったのかと思い、寝ることにしたのですが、やはり納得がいきません。

再度ログインしてバーチャルプリペイドカードのカード番号を調べてみました。

すると、番号を紙に書き写すときに間違ったようで番号が正しくありません。

それで、再度auwalletのサイト(https://wallet.auone.jp/index.html)へログインしてクレジットチャージを選択しました。

チャージの単位が3000円からなので3000円でチャージをしたところ無事完了しました。

バーチャルプリペイドカードにはあと1000円残っていますが、これは次回に新しいカードを作成するときに合算・移行ができるので問題ありません。

というわけで、楽天のバーチャルプリペイドカードからau WALLETへクレジットカードチャージがうまくいかないときにはカード番号の確認、認証コードの設定、名前の確認などが正しく設定されているかをよくチェックしましょう。

バーチャルプリペイドカードの作成手順

  1. 楽天e-navi のメニューのその他のタブを開くとバーチャルプリペイドカードという項目がありますから、これをクリックします。
  2. そうすると以下の説明があり、各々にさらに細かいメニュー項目があります。
    楽天バーチャルプリペイドカードを購入する
    購入した楽天バーチャルプリペイドカードを確認
    メールでの通知について
    便利なご利用方法
    資金決済法に基づく表示
  3. はじめてカードを購入する場合にはカードのご購入をクリックするとカードが購入できます。
    すでにカードをご利用になったことがあれば、カード一覧をクリックします。
  4. カードを購入してカードの必要事項を入力します。
    暗証番号などの設定をし忘れた場合には、カード一覧の右端にある黄色い詳細というボタンをクリックすると詳細設定をあとからでも行うことができます。
    バーチャルカードの情報を表示するには本人確認のため、楽天クレジットカードの裏面にある3ケタのセキュリティーコードを入力し、カード情報を表示するをクリックするとバーチャルカードの情報が表示されます。
  5. カードの情報を確認したり、設定・修正したいときは、一覧からカードを選択し、右側の以下のようなメニューから行うことができます。カードご利用メニュー
    ご利用明細:ご利用明細をご確認できます。
    領収書:購入時の領収書がPDF形式でご確認できます。
    カードの情報変更:お名前・カード名の登録・変更ができます。
    本人認証サービス:ご利用時のパスワードを登録・解除できます。
    カード利用の一時停止・再開:ご利用の一時停止・再開が可能です。
  6. バーチャルプリペイドカード券面にマウスを乗せるとカード番号、セキュリティコードが表示されます。
    これらはあとで使用するときに必要ですから紙にメモしておきましょう。

バーチャルプリペイドカードでau WALLETにチャージをする手順

  1. PCでhttps:wallet..auone.jpへアクセスしてau IDでログインします。
  2. 画面の右手にチャージ(入金)というメニューがあるので、それを選択します。
  3. チャージ(入金)方法の選択という画面の中ほどにあるクレジットという項目を選択します。
  4. クレジットカード番号とチャージ金額を指定します。
    チャージ金額は3,000円、5,000円、7,000円、10,000円、15,000円、25,000円から選択します。
    これ以外だと、何度かに分けてチャージするしかなさそうです。
    チャージできる最高金額は10万円だったと思います。
  5. チャージボタンを押すと認証画面が表示されるので、カードに設定した暗証番号を入力します。
  6. これでチャージされた分だけ残高が増えて表示されます。

楽天バーチャルプリペイドカードのその他の利用方法

楽天バーチャルプリペイドカードはMasterCardと同じように使用できるので、インターネットショッピングでもMasterCard加盟店でご利用になることができます。

(2015年11月29日追記)

最近、クレジットカードやプリペイドカード、デビットカードを利用していて感じたのはカードのブランドにより利用できるショップが異なるということです。

また、カードによって獲得できるポイントが異なるということもあります。

例えば、楽天のJCBのカードはnanacoにチャージができて、チャージポイントがもらえるといったことがあります。

しかし、お店によってはJCBブランドが利用できないところもあります。

そんな時には一旦楽天JCBのカードでバーチャルプリペイドカードにチャージし、そのバーチャルプリペイドカードで支払うようにするとチャージポイントを獲得することができます。

バーチャルプリペイドカードのイメージ画像とカード情報確認・設定メニュー