はま寿司が店舗数でスシローを抜き、業界1位になりました

昨年2015年には川崎市宮前区の南野川に、今年2016年には都筑区の港北インターにも出店したゼンショーの「はま寿司」が店舗数でスシローを抜き去った。

あまりにもあっけない結果で、少しびっくりしています。
ゼンショーは牛丼の「すき家」で有名ですが、最近は回転ずしに力を入れており、スシローを抜き去るのも時間の問題だとは思っていましたが、まさかこんなに早く1位になるとは思っていませんでした。

はま寿司の店舗数は2016年4月末現在で436店、スシローは2016年5月現在で430店だそうです。

寿司のメニューやサービスはかなり似ていますが、なにしろはま寿司は平日90円であり、またクーポンも発行しており割安感が大きいです。

はま寿司の場合、すき家などで構築した物流ネットワークなども原価低減に機能しているのではないかと想像します。

とはいえ、私個人としてはスシローも頑張って創作寿司などをどんどん開発をしてサバイバルyをしてほしいものです。