ドンキホーテのmajicaのスマホアプリを導入し、使ってみた

年末から年始にかけて部屋の整理をしていたら、昨年買い物に行ったドンキホーテ日吉店に置かれていたmajicaアプリのパンフレットがみつかった。

最近は宅配を使うようになってドンキに行く機会が減ったのですが、安さでは間違いなくトップクラスのお店です。

現在majicaカードは2枚持っているのですが、以前はガラケーに登録していて、そのパケット料金が結構かかったのでしばらくmajicaを利用していませんでした。

ところが、スマホアプリが使えるのであれば、私の場合は追加のパケット代はかかりません。

これはいいものを見つけたと思い早速登録してみました。

使ってみるとこれは優れものです。

マネー残高やポイントも一発で表示ができ、店舗の情報やバーコードの表示も簡単にできます。

ただ、困ったのはどうも複数枚のカードは登録できないようです。

1枚は先日残高ゼロにしたので大きな影響はないのですがちょっと残念です。

majicaアプリはiPhoneやAndroidに導入してご利用になれます。

登録にはmajicaのカード情報が必要ですのであらかじめご利用になる店舗でお求めになるといいでしょう。

たしか100円くらいだったと思いますが、登録するとポイントが100円分貰えるので実質無料です。

これでまた激安店の情報が入手しやすくなります。

◆Androidスマホでmagicaアプリを実行した画面例

アプリの登録時にmajicaカードの番号、PINが必要となります。
これらはカードの裏面に書かれています。

majicaappl201601071

◆ドンキホーテの電子マネーmajicaカードの例

裏面にカード番号とPIN番号が書かれております。

majicaappl201601072

(2016年2月10日追記)
昨日はドン・キホーテ新横浜店へ行って買い物をしてきました。
私はガラケーからスマホに替えたので試しに使ってみました。
スマホのアプリだと店舗の選択やバーコードの表示、チラシの表示など便利な機能がついていて、さらに通信費の節約などができ、とっても便利で使いやすいです。

私の場合、格安SIMのスマホなのでガラケーの時のように電話代が高くなってせっかくのクーポンの値引きが台無しになることもありません。

しばらく新横浜のドンキへは行っていなかったため、残っていたポイントは失効していましたが、残っていた現金チャージ部分をすべて使い切り、残りを楽天カードで支払いました。
カードでmajicaにはチャージできないと思うので残りの部分はmajicaなし、カードのみで払いましたが、楽天のポイントが付くのでそれでも損はないです。
それ以上にうれしかったのは、いつも他のお店では1300円以上で売られている商品が半値くらいで購入できたことです。
2個が1個の値段で購入できるって通常はないですね。
古いものの在庫処分かと思ったら、ちゃんと賞味期限が2016年10月になっていました。
やっぱりドンキはすごい!もっとも、すべての商品が安いわけではないですが、激安物を探すのには最高のお店です。
また、楽天のポイントギフトカードがクレジットカードで買えるところもうれしいですね。
でも、このポイントはEdyにチャージができなかったので少し残念ですが。

(2016年3月15日追記)

MEGA ドン・キホーテ青葉台店が2016年3月24日にオープンします。
それで、majicaアプリに青葉台店を登録しました。
登録方法は画面左上のーが3本並んだメニューをクリックし、店舗検索でMEGAドン・キホーテ青葉台店を選択します。
店舗情報が表示されたら、右上にあるMY店舗登録というボタンをクリックすると登録画面が表示されます。
ここで登録をしておくと、ニュースやチラシ、クーポンの利用ができるようになります。
majicaカードをお持ちでない方は、お近くのドン・キホーテで購入することができます。

(2017年4月18日追記)

2016年4月にセンター北駅前店がオープンし、現在はもっぱらこちらの店舗を利用しています。
ここだと自宅から近いのでより頻繁に利用でき、掘り出し物を見つけやすくなりました。

スマホでmajicaのチャージや利用履歴を参照する方法

(2017年2月4日追記)

majicaをスマホアプリでチャージするようになって気になりだしたのはクレジットカードの請求がいくらになるかということです。

これにはいくつか方法があって、毎月カード会社から送ってくる明細を見るとか、カードのホームページを見るといった方法が利用できますが、スマホアプリでできるといいなと思っていました。

実は、現在のスマホアプリでもチャージや利用の履歴が見れるんです。
スマホアプリの右上にチャージというボタンがあるので、これをクリックするとその中にmajica履歴照会というメニュー項目があります。
項目は最大50ですが、これを見ればいつ、いくらチャージをしたかがわかるので、請求される金額もわかります。
また、レシートのログもスマホアプリから見ることが出来るのでいつ何をいくらで買ったということが分かり、他店の商品との価格比較をすることも可能です。

ちなみに、majicaドンペンカードのセディナの場合、月末〆の翌月27日引き落としになっています。

(2016年7月5日追記)

majicaアプリ内にmajicaカードの機能(バーコード)が追加

2016年7月5日にmajicaアプリを立ち上げたところ、新しい機能の説明が出てきました。

従来、majicaスマホアプリではクレジットチャージはできても、これを使って支払いをすることはできませんでした。

ところが、今回の機能追加によりmajicaの会員証バーコードが表示されるようになり、majicaカードを自宅に忘れてきても精算ができるようになりました。

この会員証バーコードはmajicaアプリの中央にあるバーコードボタンを押すと2種類のバーコードから会員証バーコードというものを選択することにより表示することができます。

従来からあるクーポンの印刷のためのバーコードはクーポンと書かれたメニューを選択することにより表示が可能になります。

スマホアプリにはクーポンというボタンもあります。
これを押すとご利用になれるクーポンが表示されます。
また、画面の右上にある店舗を選択するボタンや、商品のカテゴリーのボタンを押すことにより、表示するクーポンの選択をすることが可能です。

さらに、ドンキの会員ランクによりクーポンの予約を行うことが出来るようになります。
私はまだブロンズ会員なので1回に1枚しか予約ができませんが、それでも人気商品の予約ができてクーポンを手に入れられない機会が減りました。

majicaアプリをご利用になると、majicaのカードのように劣化して磁気ストライプの部分がはがれてくるようなこともなくなるし、カードを忘れたときのバックアップにもなり安心ですね。

majicaアプリでクーポン予約をする方法、予約できないケース

ドン・キホーテ センター北駅前店が2016年春にオープンし、利用機会が増えたこともあり、先日やっとランクがブロンズになりました。
majicaのランクには通常会員、ブロンズ会員、シルバー会員、ゴールド会員、プラチナ会員があり、会員条件として年間のお買いモノ金額により以下のように分かれております。

  • プラチナ会員:????
  • ゴールド会員:100万円以上
  • シルバー会員:50万円以上100万円未満
  • ブロンズ会員:20万円以上50万円未満
  • 通常会員:20万円未満

ブロンズ会員以上になるとmajicaのスマホアプリのクーポンと書かれたボタンを押すと、MY店舗登録をしていれば、その店舗で発行されるクーポン一覧が表示されます。
そして、予約可能なクーポンの下に予約ボタンが表示されます。
このボタンが表示されない場合はまだ通常会員であるとか、クーポンの利用可能期間がきていないか過ぎてしまっているような場合が考えられます。
クーポンの予約枚数はブロンズ会員の場合1枚ですが、ランクが上がると増えるようです。

ランクアップすると、シルバー会員以上の場合、チャージポイントがアップされます。
とはいえ、購入金額を増やすにはお金もかかりますし、買いたい商品の存在も必要です。
私ももっと上のランクへ移りたいと考えていますが、なかなかハードルは高いです。

{2017年11月6日追記)

majicaとLINE@で最強のドンキ対策

もう何か月前になるか記憶が定かではないのですが、センター北駅前店でLINE@を始めましたというポスターが貼られました。
LINEは使ったことがなかったので、勉強を兼ねて使ってみることにしました。
特にむづかしいところはなく、自分のIDを登録し、お友達にドンキの各店舗に掲示されているバーコードをバーコードアプリで読ませるだけです。
お友達登録をすると、登録した店舗からキャンペーンや会員向けの激安情報が送られてきますのでうまく利用すれば夕方からのタイムサービスや日ごとのサービスなどの情報も得ることが出来ます。
また、現在センター北駅前店で実施されているショップカードのスタンプをためると5個で5%オフ、20個で10%オフの特典チケットがもらえます。
この時注意するのは友達登録のバーコードと店舗へ行ったときに読ませるバーコードは別物ということであり、また店舗へ行ったときにバーコードを読ませる場合にはショップカードの右下にあるGETと書かれたボタンを押します。
うまくバーコードが読まれると、LINEからメッセージが送られてきて、スタンプカードにはスタンプがおされます。
また、スタンプが5個貯まれば5%の、20個貯まれば10%の割引チケットがマイカードの下部に追加されます。
割引チケットを利用するときにはレジでチケットを表示し、レジが仮の人にスマホ画面で利用ボタンを押してもらいます。

スマホ上のLINEとショップカードのアイコン

ショップカードの毎カードに追加されたドン・キホーテセンター北駅前店

マイカードに押されたスタンプ例