主な電子マネーの比較と選択上の考慮点

 はじめに

私はPASMOを東急バスを利用するのに使い始めたのがプリペイド式の電子マネー使用の始まりです。最近は、どこへ行くのも必ず使用するくらい頻繁に使用します。au WALLETもauの電話を契約していて、WALLETを使用しないとポイントが付かなくなるので仕方なしに始めたというのが本音です。でも、あらかじめチャージしておけば小銭なしで使えるし、利用する店舗やサービスによってはポイントが付くといったメリットもあります。また、間違って紛失したり番号を盗まれたりした場合にもクレジットカードのように被害が大きくならず、リスクが小さいです。ここでは簡単な電子マネーの比較を載せておきます。

電子マネーの大きな分類のタイプ

電子マネーには大きく分けて交通系のものと大手の小売業が発行している流通系のものがあります。

交通系電子マネーの例

交通系電子マネーは鉄道や地下鉄、バスなどの交通事業者が発行しており、Suica、PASMO、Kitaca、ICOCA、SUGOCA,TOICA,、manaca、はやかけんなどがあり、全国で利用可能となり、最近ではファストフード店やコンビニなどでも利用できるところが増えてきました。

流通系電子マネーの例

小売業大手のヨーカドーやセブンイレブンで発行しているnanaco、イオン系スーパーやコンビニで発行・利用ができるWAON、楽天が発行して楽天加盟店などで利用できるEdyが多く利用されています。

電子マネーの種類と機能比較

  • Suica
    発行元:東日本旅客鉄道
    発行費用:無料(デポジット500円)
    発行日数:即日
    ショッピング時のポイント還元:別途申し込みで加盟店で1pt/100円 または1pt/200円
    1回のチャージ金額上限:1万円(JR東日本の自動販売機使用の場合)
    チャージ上限:2万円
    利用可能コンビニ:セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート(一部店舗除く)、サークルKサンクス、ミニストップ
    最低チャージ金額:500円
    主なチャージ可能場所:国内の主要な駅、利用可能なコンビニなど
    クレジットカードでのチャージ:ViewCardを用いてFelicaカードがあれば自分のPCでチャージができ、チャージポイントも付きます。
  • PASMO
    発行元:パスモ
    発行費用:無料(デポジット500円)
    発行日数:即日
    ショッピング時のポイント還元:事業者により異なる
    1回のチャージ金額上限:2万円
    チャージ上限:2万円
    利用可能コンビニ:セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート(一部店舗除く)、サークルKサンクス、ミニストップ
    最低チャージ金額:1000円
    主なチャージ可能場所:国内の主要な駅、利用可能なコンビニなど
  • nanaco
    発行元:セブンカードサービス
    発行費用:税込300円(65歳以上対象のシニアナナコは無料)
    発行日数:即日
    ショッピング時のポイント還元:1pt/200円
    1回のチャージ金額上限:4万9000円
    チャージ上限:5万円
    利用可能コンビニ:セブンイレブン
  • WAON
    発行元:イオン
    発行費用:税込300円
    発行日数:即日
    ショッピング時のポイント還元:1pt/200円
    1回のチャージ金額上限:2万9000円
    チャージ上限:5万円
    利用可能コンビニ:ファミリーマート、ミニストップ
  • 楽天Edy
    発行元:楽天Edy
    発行費用:309円(税込)送料別
    発行日数:数日
    ショッピング時のポイント還元:1pt/200円
    1回のチャージ金額上限:2万5000円
    チャージ上限:5万円
    利用可能コンビニ:セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ
    クレジットカードによるチャージ:Felicaリーダーががあれば楽天カードでチャージができ、1pt/100円のチャージポイントが付きます。
  • au wallet
    発行元:KDDI
    発行費用:無料
    発行日数:約10日
    ショッピング時のポイント還元:1pt/200円
    1回のチャージ金額上限:2万5000円
    チャージ上限:10万円
    利用可能コンビニ:セブンイレブン、ローソン(?)、ファミリーマート、ポプラ

電子マネーを最大限に生かすための考慮点

電子マネーを利用する大きな理由として以下のようなことが挙げられます。

  1. 利用によりポイントを貯めたり、貯まったポイントを利用することによりお金の節約ができる。
  2. 小銭を持ち歩く必要がなく、レジでの支払いもスムーズである。
  3. クレジットカードと比較すると、紛失・盗難などに対するリスクが少ない。

多くの人が電子マネーの利用に対しポイントを集めることに大きなメリットを感じておられると思いますが、そのメリットを最大限に生かすには還元率の良いクレジットカードの選択や、年会費の有無、クレジットカードでのチャージやチャージポイントの獲得可能性が重要です。

つまり、電子マネーやクレジットカードで獲得できるポイントの総額はチャージポイント+利用ポイント+ボーナスポイントのような形になるので、一見ポイントが多そうに見えてもトータルではポイントが大きくならないケースも出てきます。

従って、クレジットカードを選択する場合にはこのような考慮点を押さえつつ、電子マネーとの相性がいいかどうかををよく調べることが不可欠です。

また、クレジットカードの申し込みを行う場合には、前もってよく利用するサービスや店舗で利用できるブランド(VISA、MASTER、JCB、Amex、DINERSなど)を確認しておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です