100円回転寿司の「はま寿司」が攻めに転じた!港北インター店も3月18日にオープン

昨年の今頃は、かっぱ寿司の久末店が撤退で、悲しい思いをしましたが、そのあとにブロンコビリーが出店し、今やすっかりこのあたりの人気を独占しています。

そんな中、2015年11月16日には牛丼の「すき家」などを運営するゼンショーが、100円の回転寿司の「はま寿司」を川崎市の南野川にオープン予定で、さらに12月には港北インターのIKEAの近くにオープンする予定です。

かっぱ寿司の店舗が少なくなってちょっと寂しくなっていたところにこのようなニュースを知り、100円回転寿司がまだ健在と感じ、うれしい限りです。

はま寿司港北インター店の住所は横浜市都筑区折本町384-1となっていますが、まだ直接自分の目で確認をしていないので正確な位置は分かりませんが、この辺りはLOPIAやIKEA、Josinといった激安店が並ぶ地域なので、なかなかいい場所を選んだと思います。

ここなら、第三京浜の港北インターを降りてすぐですし、新横浜からも車ですぐなので、遠くにお住いのの方も時間的にはすぐに来られると思います。

これで、安くておいしいお寿司屋さんがまた増えて消費者はハッピーです。

はま寿司の大きな動き(2016年3月2日追記)

港北インター店のオープンが延びに伸びてやっと2016年3月18日(金)に決定しました。
そして、その前に川崎競馬場横、マーケットスクエア川崎の1階にも2月18日にオープンしました。

2月18日にオープンした店舗では従来の「はま寿司」をさらに進めて、電子マネーCooca(クーカ)を開発・利用可能にし、さらにクレジットカード決済も可能にしました。
ただ、このサービスが、はま寿司やゼンショーグループでどこまで利用可能なのかは今後検証する必要があります。

平日、一皿90円はここでも行われています。
会員向けの予約アプリも利用ができます。

また、自席でプラスチックケースに詰めて好きなお寿司を持ち帰ることも可能です。

従来からあるゼンショーの物流網を生かし、コストを下げ、平日のすいた日は主婦や高齢者世代を取り込み、さらにはクレジットカードや電子マネーでポイントを与えるといった戦略はほぼ完ぺきな状態へ近づきつつあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です